スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

墜落~midi音楽編集ソフトのdominoで作曲

生まれて初めて作った曲をヤフージオシティーズとニコニコ動画にアップしてみた。場所は以下。

http://2nd.geocities.jp/tkya42/fall.html
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19329395

上がmidiで下が動画(mp4)。

曲名は「墜落」。高校2年の春休みに浮かんだものを修正したもの。
MIDI音楽編集ソフトのDominoを使用している。
ボリュームを上げてヘッドフォンで聴くことを推奨。

※備考…今回は音量ミキサーを30%にして録音。音割れしないことを重視した。



曲の構成(テンポは120)

構成は1→2→3→4→5と5つのパターンを順にやっていくだけである。
以下、各パターンを簡単に説明する(詳しくはmidiのデータをご覧ください)。

1…コード進行はA→A→F→E。ピアノの16分音符の連打が独特の雰囲気を出している。途中でピアノソロが入る。

2…コード進行はG→G→F→E。パターン1を少し変えただけで基本は一緒。ここもピアノソロあり。

3…コード進行はA→B→A→G。ここで少しブレイク。

4…コード進行はF→F→G→G。速く感じるかもしれないが、ピアノはルートと7thを交互に弾いているだけで実は単純。
  途中で簡単なピアノソロが入る。ベースとドラムの変則的なリズムパターンも聴きどころ。

5…コード進行はA→G→F→E→A→G→E→E。最後は16分音符の連続を避け、穏やかに。ここも簡単なピアノソロがある。



各パートの解説

・ベース(CH01)…プログラムナンバーは36のFretless Bs。34のFingered Bassでもいいのだが、たまには違う雰囲気にしてみたいと思い、変えてみた。
    埋もれ易いポジションなので、ボリュームを上げている。
    ほとんどルートと5thの組み合わせで8ビート。但し、パターン4だけ変則的で、ここはドラムのリズムパターンに合わせている。

・ピアノ1(CH02)…高校2年の時に一番最初に浮かんだコード進行を16分音符の連打で再現。とにかく疾走感が欲しかったため16分にしている。
    ただ、実際に弾くのは地味に難しいかもしれない。何しろずっと同じ音の連続なのだから(苦笑)。
    他の音とぶつからないようパンを右に振っている。また、ルートだけだと単調なので5thを控えめに入れている。

・ピアノ2(CH03)…ピアノ1のオクターブ上を8ビートで打ち込んでいるだけ。音に厚みを出すために打ち込んでおいた。
    これも他の音とぶつからないようパンを左に振っている。

・ピアノ3(CH04)…ピアノソロ。同じ音ばかりだとつまらないため、色を出すために打ち込んだ。
    高校の時に浮かんだメロディもあるが、最近になって浮かんだメロディもある。
    適当に作ったのに奇跡的に協和音になっている(よね?)のが不思議。これがビギナーズラックという奴だろうか。
    これも他の音とぶつからないようパンを左に振っている。

・ドラム(CH10)…基本的にピアノを聴かせたい曲なので、ドラムは音量を控えめにして打ち込んだ。スネアの音も小さめ。
    パターン4のリズムパターンがちょっと変則的なぐらいで、かなり規則的で穏やかなドラム。

・SE(CH11とCH12)…プログラムナンバーは53のChoir Aahs。幻想的な雰囲気を表現できるため、よく好んで使っている。
    他の音とぶつからないようパンを端に振っている。



インスピレーションや課題

基本的なコード進行はだいたい決まったのだが、メロディがあまり浮かばなかったため、凡庸な曲になってしまっている。
新しいメロディが浮かんだら追加したいところだが、私の頭だとシンプルなものしかできないようだ。
実際、高校2年の時点では、16分音符を連打するピアノしかなかったぐらいなので、
これ以上よくするためには、音楽理論を勉強したり、色々な曲を聴いて影響を受けたりする必要があるだろう。

また、音もほとんどルートと5thばかりなので無機質な印象がある。
不協和音になることをおそれずに、もっと色々な音を採り入れてみた方が面白いかもしれない。

因みに題名の由来は「ララララララララ ファファファファ ミミミミ ♪」というふうにキーが段々落ちていくから。
そこから「墜落」という言葉が浮かんだ。直感的なもので深い意味はない。
当初は「飛び降り自殺」というような言葉も浮かんだのだが、ネガティブすぎるため採用しなかった。
おそらくマイナー調でキーが落ちていくため、「落ちる」「降りる」という言葉が浮かんだのだろう。
また、ビートが16分でやたら細かいのは、当時、知人が狂ったように聴いていたハードな曲の影響も多少ある。
結果として、評価しがたい異様な曲になっている。

今後は普通の曲を作れるようにしていきたい。
現在はスピッツなど、典型的な邦楽をコピーすることで感覚を研ぎ澄ましている。
また何かできたらアップする予定。
スポンサーサイト

SlipKnoTの(sic)をmidiでコピー

SlipKnotのファーストアルバムの2曲目(sic)をmidiでコピーしてみました!

場所は音源の容量の関係で以下に置きました。

http://2nd.geocities.jp/tkya42/sic.html
http://www.nicovideo.jp/watch/nm16963258

上がmidimp3、下がニコニコ動画(flv)
物足りない場合はボリュームを上げてヘッドフォンでお聞きください。

midiDominoというフリーのmidi音楽編集ソフトで打ち込んだもの。一般音源なのでどうしても音はしょぼい。

mp3はパソコンの音を録音できるフリーソフト「超録」でmidiを録音したもの。
 windows7の場合、サウンド→録音デバイス→マイクを右クリックして無効なデバイスを表示→ステレオミキサーを有効にする→プロパティのレベルを上げる、という作業が必要だった。
 ステレオミキサーのレベルは80、音量ミキサーは60で録音。どれぐらいの音量が適切かは今後の研究課題。
 終盤、多少、ノイズが入るがご勘弁を。

ニコニコ動画(flv)はmp3と画像をニコニコムービーメーカーで編集したもの。
 ステレオにしてビットレートを最高の192にすれば劣化しない。ビットレートは画質だけではなく音質も変える模様。



曲の構成

構成はIntro→Intro2→A→B→Chorus→A2→B2→Chorus2→Interlude→Interlude2→C→D→C2→E→E2→Ending
弦楽器隊のチューニングは全弦1音半下げ、さらに6弦を1音下げる。6弦からB F# B E G# C#
本曲は6弦開放ドロップBを活かした最もSlipKnoTらしい曲の1つである。

Intro…後半から16分が入ることに注意。
Intro2…パターンが変わる。

A…Chorusに至るまでの基本。パンを使ってギターが左右から入ってくる感じを再現。しかし音源がしょぼいね。
B…基本はAと一緒だがレガート気味に弾く。
Chorusテンポ192の16分が連続。因みに筆者は弾けないorz。ミックがオク上をやっている模様。

Interlude…ちょっと休憩。ギターはモジュレーション(いわゆるビブラート)をかけている。
Interlude2…原曲のギターはいわゆるワウ系のエフェクトを使っているようなので、モジュレーションをフルの127にしている。
 しかしこれだけでは物足りないので、ここはやる気になったら改善したいところ。

C→D→C2…Cの決めはハンマリング。Dでギターにモジュレーションをかける。
E→E2…弦楽器隊は最後の8小節で29のMuted Gt.がユニゾンするだけでずっと同じ。
  ドラムはパターンが少しずつ変わっていくことに注意。
  「siiiiiick!」の所は120のReverse Cymで再現。音の出が遅いので走り気味に打ち込んでいる
  最後の決めはベースとドラムの音を大きくし、120のReverse Cymを入れる。
Ending
  まず基本として低くて地味に響く29のMuted Gt.を打ち込む。次に独特の雰囲気を醸し出す53のChoir Aahsをユニゾンで打ち込む。
  これだけでも原曲のおどろおどろしい雰囲気をかなり再現できる。
  さらに126のStarship123のSeashoreとStreamシ(B)の音を連続的に出せば完成。
  ヒューンヒューンという高くて不安げな音がStarship、ザーザーという砂嵐のような音がSeashore、遠くで水が流れているような音がStream
  詳しくはmidiのデータを各自で見てください。
  なお、mp3の場合、これらの音のエコーでハウリングしてしまう模様。ここも機会があったら直したい。



各パートの説明

ベース(故ポールさま)
  最初に打ち込んだポジション。プログラムナンバーは34のFingered Bass
  埋もれ易いポジションなので、Volumeをフルの127にし、Velocityを115にしている。
  ほとんどギターのユニゾン。

ギター1(ミックん)
  30のOverdriveGt右側(Pan +40)でヘドバンしてます。
ギター2(ジムさん)
  31のDist.Gt.左側(Pan -40)でヘドバンしてます。

※オーバードライヴがディストーションでかき消される傾向があるので、ボリュームはオーバードライヴ>ディストーションがお勧め
※ギターのパワーコードは高い方の音(5thやオク上)のVelocityを75にしてルートを100にしている。

ドラム(ジョーイたん)
  いろいろな所を激しく叩いており16分のツインバスドラが熱い。
  分かる範囲で打ち込んだだけなので、完コピは保証できない。
  フィルインなどが所々怪しいが所詮はmidiなのでご勘弁を。やる気になったら直します。



最後に

はっきり言って原曲の方が遥かにカッコいいので、できれば買って欲しい。

SlipknotSlipknot
(2000/09/15)
Slipknot

商品詳細を見る

残酷な天使のテーゼ2

以前コピーした「残酷な天使のテーゼ」を修正しました。

以前の記事はこちら
http://mukanakame.blog101.fc2.com/blog-entry-45.html

音楽は容量の関係で以下に置いています。拡張子はmidとmp3。
http://2nd.geocities.jp/tkya42/zankoku.html

主な修正点

・ソロのオクターブ上を強調

・イントロ3に掛け声を追加、applause(拍手喝采)で表現
  リアリティを出すためにあえて不協和音にした
  音の出が遅いので少し突込み気味に打ち込んだ
  間延びするのでゲートは短めにした

・コーラスを2番にも追加、3番よりも強めにかけた

・ギター3のソロを修正
  不自然に聴こえるメロディを調整したり、オクターブ上を重ねたり

・新しい方法で変換した
  winampでwavに→零'sエンコーダでmp3に→mp3gainで音量を上げる

残酷な天使のテーゼ

暇を持て余した引き籠りが・・・
調子に乗って、音楽をコピーしてみました(>ワ<)/

今回は超有名アニメ 新世紀エヴァンゲリオンのOP 「残酷な天使のテーゼ」をコピーしてみました。
初公開にふさわしい大ヒットアニソンです(>ワ<)/ 今更感もありますがね(^^;)

場所は音源の容量の関係で以下に置きました。

http://2nd.geocities.jp/tkya42/zankoku.html

midiバージョンとmp3バージョンを置いてみました。ぜひ聴いてみてください。

Dominoというフリーソフトで打ち込んだものです。
フリーソフトなのでどうしても音はしょぼいです。物足りない場合はボリュームを上げてください。ヘッドフォン推奨。

ややマニアックな話。どうでもいい人は飛ばしてください。
 midiのmp3化はiTunesで行いましたが、どうも強制的にQuickTimeのミュージックシンセで変換してしまうようです。
 QuickTimeの音源設定をGMに変更しても同じ結果でした。本当はGMで聴かせたいのですが…(-"-)
 今回は面倒臭いのでオーケストラヒットのボリュームやソロのモジュレーションなどの調整以外はそのままにしました。
 従って厳密には、mp3の方はQuickTimeのミュージックシンセを録音したものです。

 今後は、「preLIFE」など他に優れた変換ソフトがあるそうなので、そちらでうまく対応していく予定です。
 ドラムのタムはQuickTimeの方が好みなのですが、やはり音源に合わせていちいちミキシングし直すのは面倒臭い。
 今後の1つの課題となりそうです。というか有料ソフトを買えばすぐに解決する問題なのかもね。



補足

作詞:及川眠子 作曲:佐藤英敏

本曲は Intro→Intro2→A→B→Chorus→Solo→Solo2→Intro3→A2→B2→Chorus2→B3→Chorus3 という構成。

ベース
 最初に打ち込んだポジション。プログラムナンバーは34のFingered Bass
 聴かせどころのSoloでは40のSyn.Bass2も使用している。
 ベースは埋もれ易いポジションなので、通常ボリューム100のところをフルボリューム127にしている。
 グリッサンドするところではさらにVelocityを120に、ギター類が鳴り止むSolo2ではVelocityを110にしている。

 ※当初は迫力を出すために36のFretless Bassを組み合わせる予定だったが、
  音の粒が曖昧になってしまうようなので、結局やめた。

ドラム
 2番目に打ち込んだポジション。普通の1のStandard
 音楽の基本はルートとリズムなので、いつもこの順番で作っている。

 ハイハットが目立ち過ぎるので、ボリュームをかなり絞っている(これでもまだ目立つ気がする)。
 シンバルもやや目立つので、多少ボリュームを絞っている
 逆にバスドラとタムは埋もれる傾向があるので大きくしている。
 また、連続的に叩くところは単調にならないように、大きな音と小さな音を交互に出すことで、緩急をつけている(つもり)。

 因みに市販の楽譜は所々いい加減。
 1番と2番でフィルインが違ったりするので、自分の耳で確認して細かいところも打ち込み直した。

ヴォーカル
 音源がしょぼいので、30のOverdriveGt、31のDist.Gt.、49のStringsをブレンドしている。
 オーバードライヴがディストーションでかき消される傾向があるので、
 ボリュームはストリング=オーバードライヴ>ディストーションにした。
 また、パンを使って音が喧嘩しないように微調整した。

 「う、ら、ぎ、る、な~ら♪」や「し、ん、わ、に、な~れ♪」というところはスタッカート気味に打ち込んだ。
 個人的には、通常の75%程度のGateで打ち込むとちょうどいい。
 
 最後の「神話になれ」というところは少しVelocityを上げて強調している。これはほとんどのポジション共通。

 ※Intro2やIntro3、各Chorusの最後では62のBrass 11オクターブ上のユニゾンで打ち込んでいる。
  Chorus3の最後は31のDist.Gt.も加わる。よ~く聴いてみると分かるはず。

コーラス
 53のChoir Aahsを使用。IntroとAパートの後半、Solo2、Chorus3で登場。
 複数の音を同時に出しているので、その分ボリュームを絞っている
 特にSolo2が聴かせどころで音が重なっているところも複数のチャンネルを使って表現した。

ギター1
 30のOverdriveGt左側(Pan -25)で頑張ってコードを弾いている。
 Bパートで独特のリズムを刻んでいたりするので聴いてやってくださいな。

 コードは複数の音を同時に出すことになるため、その分ボリュームをかなり絞っている。通常100のところを58に。

 地味なのでリヴァーブ(残響)やモジュレーション(いわゆるビブラート)を僅かにかけている。

ギター2
 31のDist.Gt.でほとんどルート弾き。Aパートの最初で右側(Pan +25)からやってくる音。

 最初の部分はボリュームを段々強くしてから弱くすることで表現できる。エクスプレッションをいじってもいいかも。
 単調にならないようにピッチベンドを入れてスライドを表現している(Aパートだけだが)。
 
 地味なのでリヴァーブ(残響)やモジュレーション(いわゆるビブラート)を僅かにかけている。

ギター3
 Chorus3で登場。30のOverdriveGt。わざと聴こえるか聴こえないかぐらいにしている。
 ここは結局、完全には耳コピできなかったので、曖昧な部分はコード進行を参考にして自分でソロを作った。
 気が向いたらまた修正するかも。

1番が終わった後のギターソロ
 市販の楽譜にも載ってないところなので、イコライザーを使いながら0.5倍速で耳コピした。
 絶対音感があるわけではないので、間違っている可能性もある。完全コピーは保証できない。
 ギター特有の曖昧で歪んだ音をどう表現すればいいのか、かなり悩んだ。
 以下に工夫した点を列挙しておく。

 ・音源がしょぼいので30のOverdriveGtと31のDist.Gt.をブレンドしている。

 ・ギター特有の揺らぎを出すためにモジュレーション(いわゆるビブラート)を強めにかけている。

 ・1オクターブ上の音が実際には出ているようなので、オクターブ上の音を実音の75%のボリュームで重ねている。

 ・音の高さが変わっていても曖昧だったらピッチベンドを使用

 ・曖昧に音が出始めるところはエクスプレッションを一度弱めてから一気に跳ねるように強める

 ・決めの音はモジュレーションを強く

キーボード
 ・基本的に62のBrass 131のDist.Gt.をブレンドしている。
 ・Bパートでは17のOrgan 1を使用。
 ・Chorusでは一瞬、56のOrchest.Hitになる。
 ・Solo2では3のPiano 3を使用。
 いずれも本曲を盛り上げるうえで不可欠な存在。随所で活躍している。まぁ聴けば分かると思うけど。



以上。だいたい言いたいことは言い切ったかな・・・
まぁ、ここに書いたことはDTM講座なんかでよく出てくる基本ばかり。
世の中、何をやってももっとすごい奴はいくらでもいるので、これからも精進するつもりです。
感想お待ちしてます(・・)/

プロフィール

赤目無冠(あかめむかん)

Author:赤目無冠(あかめむかん)
アニメ・漫画、将棋・麻雀、音楽(ベース、作曲、DTM)、ギャンブル(競馬・競艇)、適当英語、思想など内容は多岐に渡る。
みなみけのHPhttp://2nd.geocities.jp/tkya42/index.htmlもよろしく。
気軽にコメントしてね。
好きな将棋棋士は森内、広瀬。
邦楽はスピッツ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。