スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャンブルで大事なのは的中率?それとも回収率?

ギャンブルをやる場合、的中率を重視するべきなのか、それとも回収率を重視するべきなのか。

数学的な期待値計算(的中率×配当)のみで判断する場合、当然ながら、回収率を重視した方がよい。
いくら的中率が高くても、配当があまりにも低いと儲からないからだ。
逆に的中率が低くても、配当が異常に高ければ実は有力な賭け方だということになる。

しかし、いくら回収率がよくても、あまりにも的中率が低過ぎる賭け方は非現実的なようにもみえる。
この問題は実際にギャンブルをやってみるとよく分かる。なにしろ予想以上に変動が激しい。
波があるので理論上正しい賭け方でも、ずっと当たらないことが多々ある。麻雀やFXと同じである。

今回はその是非について簡単に考えてみたい。



たとえば以下のような2種類の賭け方があったとしよう。

1.4回に1回、3倍が当たる賭け方
2.50回に1回、75倍が当たる賭け方


この場合、数学的な期待値計算のみで判断すると、当然ながら、2の賭け方の方がよい
1の期待値は(1/4)*3=3/4でマイナスだが(回収率75%)、2の期待値は(1/50)*75=3/2でプラスだからである(回収率150%)。
従ってこの2つしか賭け方が存在しない場合、ひたすら2の賭け方を続けるのが合理的にみえる。

しかし問題は的中率である。
確かに2は期待値が高く、それゆえ回収率が高いわけだが、50回に1回しか当たらない(わずか2%)。
運が悪いと何日もずっと勝てない可能性もあるわけである。
お金が少ないと、当たる前にお金が尽きてしまう可能性も高い。

そこで、2のみならずあえて損な1の賭け方もやってみる(均等賭けする)とどうなるか考えてみる。
回収率は(3/4+3/2)/(1+1)=9/8となる。要するに75%と150%の平均である112.5%である。
ということは、実は1の賭け方を組み合わせても一応、回収率はプラスである。
それでいて的中率は(1/4)+(1/50)で27%に上昇している。
回収率をプラスに維持しながら的中率をあげているので1と2を両方買うのもかなり有力なわけである。

整理すると、
(1)的中率2%で回収率150%の賭け方と、
(2)的中率27%で回収率112.5%の賭け方
のどちらが有力かを考えていることになる。

数学至上主義(あくまで期待値のみで判断するという意)でいけば(1)が正解だが、
実践的には(2)なのではないかと最近の私は考えている。
というのも、2%が当たるのを待つのは現実的には相当大変だからである。
また、当たるまでにパンクしてしまう可能性も高い。精神的にも相当の忍耐が必要である。
それなら、回収率を多少下げてでも、的中率をあげておいた方がリスクをマネジメントできているのではなかろうか。

結局、回収率が高いだけでは不十分で、ある程度の的中率があって安定していることも大事なのだと思う。
的中率と回収率はバランスがとれている必要がある
具体的にどれぐらいの的中率が要求されるかは研究課題ですな。そのへんは元手がいくらかでも変わるでしょうし。

因みに、2ちゃんねるの競馬板や競艇板での話をうかがう限り、
コンスタントな賭け方で勝っている人のほとんどは、だいたい20%前後の的中率を続けているようだ。
それ以上高い的中率だと配当が著しく下がってしまう模様。
確率の高い賭け方を一発勝負でやる者もいるが、これはもはや投資ではなく投機である。
やはり理性的で長期的な勝ち方は20%ぐらいしかないようだ。



追記
私と同じようなことをhttp://keibahou.jugem.jp/?eid=23が研究している。
その内容によると、やはり的中率が上がれば、その分、回収率は少し下がってもよい。
上記サイトは競馬ファン必見。私はどちらかというと競艇の方が得意だが、参考になる情報がたくさんあった。
スポンサーサイト

競馬の複勝の有力な買い方

結論:
複勝率が50%以上で②前走・前々走の平均順位が5位以上で③複勝オッズが2倍以上の馬の複勝を買い続ける

理由:
①複勝率(3位以上)50%以上
 ⇒これまでに半分以上勝ったということなので、これからも半分以上勝つ(過去の傾向が今後も続くなら)
  それに半分(50%)というのが分かり易く、計算間違いしにくい。
②前走・前々走の平均順位が5位以上(=掲示板に載った馬)
 ⇒3位以上も充分狙えるし、調子も問題ないといえる
③粗い考え方だがこの2つだけで的中率が半分を超えるかも(100レース程度ではそうだったが長期的に保証できるかは不明)
 ⇒オッズが2倍以上あれば回収率100%超が可能

購入の際、以下に留意して欲しい

芝なら芝の戦績を、ダートならダートの戦績を見る。条件を統一した方がデータが安定する。

1回しか出走していない馬は賭けない
 たとえば過去1回走って3位だと複勝率は100%だが、いくらなんでもこの考え方は粗すぎるので却下。
 そういう意味で出走回数が少ない馬が多い未勝利戦では使い辛い戦法。
 この戦法は出走回数が多い馬がたくさんいるレースで採用した方がよい。

①と②を満たす馬が3頭以上いたら賭けない。どれが勝つか分からないし、全て買うとトリガミだから。
 2頭該当する場合は悩ましいので両方買ってしまってもよい。あるいは勝率が高い方だけ買うという発想もありだ。

※因みに、前走着順は大衆が思っているほど次走に影響しない
 なのでちょっと前走着順が悪いぐらいの方がお得だったりする。
 逆に前走1位で昇級した馬は過剰人気になりやすいうえに他の馬が強くなるので損

なお、この買い方は有力なだけで必勝ではない。回収率も不明。
また、実際には①と②を満たす馬の複勝オッズはほとんど2倍を切っているため、賭けられる馬が滅多にいない。
とはいえ、1.新聞を買わなくても出走表だけで選べる、2.それなりの根拠を示せる、
3.筆者は現在は競馬をしていない、という3つの理由があるので、惜しまず公開することにした。
何かヒントになれば幸いである。
コメントと拍手をお待ちしています。

競艇の各出目の確率

全国的に1◎2○3○4○5△6×という傾向を得る

◎○1‐2、1‐3、1‐4…2連複は15%前後(7倍)、拡連複は30~40%(3倍)

◎△1‐5
○○2‐3、2‐4、3‐4…2連複は7%前後(14倍)、拡連複は20%強(5倍弱)

◎×1‐6
○△2‐5、3‐5、4‐5…2連複は5%前後(20倍)、拡連複は15%強(6倍)

○×2‐6、3‐6、4‐6…2連複は2.5%前後(40倍)、拡連複は10%強(9倍)

△×5‐6…2連複は1.5%(67倍)、拡連複は9%(11倍)


※カッコ内は回収率100%超のために要すオッズを示す

※厳密には1‐2の確率は1‐3、1‐4の確率よりも高い⇒「迷ったら1‐2」というセオリーはデータ上、正しい。

※1‐6と3‐4は微妙な差で逆転することも

※おおよその全国平均を計算してみたものなので、これはあくまで目安。
 実際にはレース場によってかなり異なる。
 たとえば大村は極端にインが強く、2連複の1‐2の確率は20%をゆうに超える。
 また、今後変わっていく可能性もある。



ここから分かることは、本命と大穴は売れ過ぎだということ。
たとえばG1以上だと、たいてい1号艇が人気の中心になるのだが、1‐2、1‐3、1‐4のオッズはかなり下がる。
酷いときには2連複が2倍ぐらいの時さえある。
しかし、実際には7倍、かなり甘めに計算しても6倍ぐらいは必要なのだ。

また、大穴も売れ過ぎ。たとえば2連複の5‐6は67倍も必要なのだが、実際には50倍ぐらいまで下がっていることが多い。
ましてその5や6が下位選手だったらもっと高いオッズが必要になる。大穴は夢を見過ぎで買いにくい。
(計算してみると分かるのだが、これが面白いことにちょうど控除率25%を引いたぐらいのオッズになる。つまり収束してしまっており、買っても儲からない目になっている。)

となると、答えはその間の中穴になる。
たとえば1‐4が人気の中心の場合(1が本命◎、4が対抗○)、1‐2や1‐3が典型的な中穴狙いだ。
実際この賭け方はおいしい配当が多かった。
あるいは思い切って本命の1を切って2‐4、3‐4などを買う手もある(◎を消し、○△を買う)。
ド本命が飛ぶだけで驚くほどの配当になるので、これもかなり有力。しかも皆が思っている以上に1番人気は飛ぶ。

現在は、この出目と選手勝率を組み合わせて判断するスタイルをとっている。
どうやって選手勝率を加味するかは企業秘密(笑)。各自で考えてみてください。
まだ自分自身も模索段階なので、スタイルが本格的になってきたら公開します。

競艇の1コースは数値で評価するとどれぐらい有利なのか

競艇は1コースがかなり有利! それは多くの人が経験則で分かっていること。
だが具体的にどれぐらい有利なのか数値で説明しろと言われると結構難しい。

たとえば2連対率25%のB1選手が1コースに入るとその2連対率は何%ぐらいにアップするのだろうか。
そしてその人は6コースに入った2連対率45%のA1選手から逃げ切れるのだろうか。
「コースと勝率(2連対率)をどの程度の割合で評価して比較すればいいのか」
誰もが1度は悩んだことであろう。
もちろん、コース別の成績を見るのがベストなのだが、いちいち調べるのが面倒だという人もいるはず。
(専門紙だと載っているいるのかな?買ったことないから知らないや…)

そこで今回はその問題に答えられる簡単な目安をド素人なりに導出してみた。



対象は平和島ボートレース場。
ボートレース公式サイト http://www.boatrace.jp/の「データを調べる」の「ボートレース場データ」を参照した。

そこによると
・1コースの2連対率は約53%
・2コースの2連対率は約42%
・3コースの2連対率は約33%
・4コースの2連対率は約36%
・5コースの2連対率は約24%
・6コースの2連対率は約14%

もしコースによる有利不利が一切なければ、
長期的にはどのコースも3分の1、つまり33%(6艇いて2位以上だから)に落ち着くはずなので、
1コースが有利なのはデータ上明らかである。
2,3,4コースは同じくらいで、5コースはやや不利、6コースはかなり不利、という感じ。

で、1コースは平均的には33%になるところが53%になるわけなので、平均より53/33≒1.6倍有利。
同様に2コースは1.3倍、3コースは1倍、4コースは1.1倍有利。
5コースは不利で平均の0.7倍になってしまう。
6コースはもっと不利で平均の0.4倍。半減である。

これに基づいて先ほどの例を判断すると、
2連対率25%のB1選手が平和島の1コースに入ったら1.6倍有利なので、
この選手がどのコースも同じくらい進入したうえでこの成績なら、
1コースでの2連対率は25×1.6=40%程度に上がると考えられる。
逆に2連対率45%の選手が平和島の6コースに入ったら0.4倍なので、
そのコースでの2連対率は45×0.4=18%程度に下がってしまっていると考えられる。
従ってこの場合は2連対率だけみると6コースのA1選手の方が強そうだが、
コースも加味したコース別2連対率で比較すると、1コースのB1選手の方が勝ち易いと考えられる。

但し、この考え方はかなり粗く、様々な問題を抱えている。
まず、その2連対率がどのコースも万遍なく経験した結果であるかどうか。
もし進入したコースに偏りがあるデータだった場合、この考え方はマトモに機能しない。
また、選手によってインが得意なタイプ、アウトが得意なタイプと違いがあるわけだが、
この考えはそれを考慮しておらず、画一的に答えを出してしまっている。
特にA1選手はどのコースからでも偏りなく勝てる実力者が多いので、この考え方は時として危険である。
従って、選手の個性を十分に熟知している者にとっては物足りない目安だといえる。

しかし、右も左も全く分からない初心者にとってはなかなかの目安になると思う。
実際、自分はこの方法を試すようになってから、的中率が上がった。
少なくとも勝率の大小だけで短絡的に判断するよりは当たるようになる。
あとはスタート展示を見て、どの枠がどのコースを取得するか予想すればよい。
そして進入コースを加味したうえでの真の2連対率を比較して上2つを選んで2連単にいったりすればよい。

まぁ必勝と言えるほどのモデルには程遠く、回収率100%超えの保証もないし検証もまだ行っていない。
おそらくこれだけでは単純化が酷く、勝てないだろう。
しかしこんな考え方も仮説としてあり得るよね、ということでこの広いネット界に足跡を残しておく。
何かヒントになれば幸いである。アイディアの組み合わせ次第では儲かるものになるかもしれない。

「他のボートレース場はどうなんだ?」「季節によって差はあるの?」
という人は公式サイトを見て自分で計算してみてください。
気が向いたら、自分が他も調べてまとめるかもしれないけど、今日は暑いからここまで。


追記
 現在もこの発想を部分的に採用しているが、最近は6コースでもA1選手と思うようになった。
 A級選手はどのコースからでも器用に旋回することができるため、最初で多少出遅れても後で挽回できることが多い模様。

 この発想はあくまで1つの要素にすぎず、それ以外の要素も考慮して総合的に判断することが重要である。

 また、2連対率の数%の差は無視してよい。その程度の差は誤差を考えると簡単にひっくり返る。
 その場合は互角と見なし、当地勝率、モーター2連対率、今節成績、平均ST、展示タイムなどで優劣を決める。
 それでも優劣がはっきりしなかったらそのレースは見送り。
 はっきりとした差がある分かり易いレースを選ぶべきである。
プロフィール

赤目無冠(あかめむかん)

Author:赤目無冠(あかめむかん)
アニメ・漫画、将棋・麻雀、音楽(ベース、作曲、DTM)、ギャンブル(競馬・競艇)、適当英語、思想など内容は多岐に渡る。
みなみけのHPhttp://2nd.geocities.jp/tkya42/index.htmlもよろしく。
気軽にコメントしてね。
好きな将棋棋士は森内、広瀬。
邦楽はスピッツ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。