スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『デート・ア・ライブ 第7巻 美九トゥルース』の要約

【第7巻 美九トゥルース】

[第六章 悪夢、再び]

・狂三、意外にも士道に力を貸す。彼女もDEMに用があり、ある者を探している。
 士道、十香を救うためにはリスクを負うしかないと考え、狂三の力を借りることに。
 狂三、士道の「(美九は)人間に対する価値観が異質」という発言に反応し、本当に先天的な価値観なのか疑う。
 そして美九の私物を探ることを提案(狂三自身にも何らかの暗い過去があるのだろう)。

・十香、拘束された状態で目覚め、士道を憂う。傍にエレン。

・真那に助けられた折紙も目覚め、士道を憂う。
 天宮市は暴動で混乱中。ASTには待機命令が出されている。

・狂三、士道が女装して士織になった件をからかいイチャつく。
 士道、その際に「宵待月乃」というCDと写真を発見。美九が元人間である可能性が高まる。
 狂三、自身の能力を使って美九の過去を知る。

・周りを支配下に置く美九、士織(士道)が男だったことを思い出し、憎悪。

[第七章 二人きりの攻城戦]

・士道、狂三の助けで天宮スクエアへ一気に行き、美九を説得。
 天央祭で士道らの学校が勝ったら美九の霊力を封印するという約束を思い出させ、封印の代わりに十香を助けることを要求。
 しかし美九、男に対して強い不信感を抱いているため、士道を信じず。
 その後、狂三の能力が限界に近づいたため退散。
 狂三の分身によって判明した十香の居場所、DEM社へ向かう。

・ウェストコット、拘束中の十香に接触。
 彼の目的は精霊の力を入手して世界の理をひっくり返すこと。

[第八章 炎と影に沈む街]

・美九、命を懸けてでも十香を守ろうとする士道が信じられず、苛立つ

・午前2時、士道と狂三、天宮市東方の鏡山市のDEM社へ。
 敷地内に入った瞬間、空間震警報が鳴り、バンダースナッチが襲来。
 途中で真那に再会。琴里らも正気に返る。

・折紙も空間震警報を聞き、DEM社が士道と狂三に襲撃されたことを知る

・真那 vs スカーレット・リコリスに乗ったジェシカに。
 士道、その間に建物内に侵入。途中で魔術師に捕まるもサンダルフォンを顕現させ反撃。

・AST到着。DEMの魔術師側につき、精霊(狂三)に対抗。
 日頃はDEMに敵対しているが、上層部の緊急の命令なので、従うことに。

・美九、四糸乃、八舞姉妹が駆けつけ、士道を救う

[第九章 魔王]

・ジェシカ、まともな判断力を失い、狂う。琴里の援護もあり、真那が有利に。
 しかしそこへ美九に洗脳された四糸乃、八舞姉妹が参戦し、すべての魔術師を倒そうとする。
 そこで真那はDEMの魔術師側についているASTに応戦を求める。
 しかしさらにエレンも参戦。分が悪くなる。

・美九、十香をあきらめない士道に苛立ち、嫌味を言い続ける。
 対して士道、美九がファントムに力を与えられた元人間であることを指摘し、彼女の過去を問いただす。

・美九の過去
  歌だけが取り得の美九、15歳の時に「宵待月乃」という名でアイドルとしてデビュー。
  最初は順調に進む。ファンは男が9割超。
  しかし某局のプロデューサーの枕営業を断ったため、身に覚えのないスキャンダルを報じられ、業界から干される。
  手のひらを返したように態度を変えるファンを見て人間(特に男性)不信に。
  そのショックで心因性の失声症になり、唯一の取り得だった歌を失い、自殺を考える。
  しかしそこへファントムが現れ――という流れ。

・士道、人間不信の美九を説得し、ピンチになったら美九を守ることを約束。
 しかし美九はなかなか心を開こうとしない。

・真那、エレンとジェシカに襲われピンチに。
 そこへ英国の正式装備SSSを身に纏った折紙が現れ参戦。
 真那vsジェシカ、折紙vsエレンに。
 当初はエレンが優勢だったが、琴里らの援護により、負傷。退散する。
 因みにエレンの身体に傷をつけた人間は生涯で2人目。

 ※SSSはSpecial Sorcery Serviceの略。Sorceryは魔術という意。
  数ヶ月前ASTを襲撃した、元SSSの隊員たちで構成されたテログループが隠匿していた装備。

・士道、十香のもとへ辿り着き、ウェストコットを脅し、十香の拘束を解かせるが、後ろからエレンに襲われる。
 エレン、ウェストコットの命令を受け、士道を殺そうとする。
 それを見た十香、絶叫し覚醒。霊結晶(セフイラ)の反転とやらが起き、霊力値がマイナスに。
 ウェストコットいわく「〈王国〉が、反転した。さあ、控えろ人類」「――魔王の、凱旋だ」。

 ※おそらくセフイラの元ネタは聖書における生命(セフィロト)の樹

[第一〇章 鏖殺せし暴虐公]

・狂ったジェシカ、ウェストコットを慕いながら死亡。彼女は脳に魔力処理を施され、寿命が縮まっていた。
 真那、DEM社を恨む。

・覚醒した黒い十香、士道らのことを忘れ、暴虐公(ナヘマー)でエレンらを圧倒。
 ウェストコットとエレン、万全の状態ではないため、一旦退散。
 士道、十香を説得。
 美九、士道をサポート。しかし途中で声がかれ、絶体絶命に。

・美九の声がかれたため、四糸乃と八舞姉妹が正気に返る

・士道、約束通りピンチになった美九を守る。
 駆けつけた四糸乃と八舞姉妹の助けにより、空から十香のもとへ。
 十香、その光景を見てかつてを思い出し、剣を振るのを躊躇う。
 士道、その隙にキス。

・狂三、始源の精霊のことを知るカギとなる、世界で二番目に確認されたDEMに囚われた精霊が見つからなかったため、退散

[終章 祭の後(アフター・ザ・フェスティバル)]

・9月25日、月曜日。天央祭三日目。
 美九、士道のことを「だーりん」と呼び、士道にキス。裸に。
 アンコールとして「宵待月乃」の曲を歌う。
スポンサーサイト

『デート・ア・ライブ 第6巻 美九リリィ』の要約

【第6巻 美九リリィ】

・6巻から登場する主な人物

 誘宵美九(いざよいみく)…第6の精霊。歌をつかさどる。

 五河士織…女装した士道

 ジェシカ・ベイリー…DEM関係者。目的は十香と士道の捕獲。



[序章 『少女たち』の逢瀬]

・士道、女装して士織として、天宮市高等学校合同文化祭・天央祭を美声の美九と過ごす


[第一章 不可解な精霊]

・9月8日。文化祭に向け盛り上がる。
  文化祭は10校合同で、毎年、何処が一番優秀か互いに競い合う。
  殿町によると、竜胆寺(りんどうじ)女学院が優勝候補で、そこに話題のアイドル・美九がいる。
  殿町のせいで、士道が実行委員になる。

  ※八舞姉妹はお隣の2年3組へ

  ※天宮市…30年前の南関東大空災で被害を受けた東京南部から神奈川北部が再開発された地域

・裏で動くDEM社のウェストコットとエレン

・琴里、5年前現れた『何か』の識別名を〈ファントム〉と定義。
 DEM社に携わっていた真那について言いかける。そこで空間震発生。

  ※久しぶりに四糸乃、登場

・折紙、謹慎解除。
 突然、DEM社の外国人10人がASTへ。代表はジェシカ・ベイリー。

・士道、ステージ上で歌う〈ディーヴァ〉に接触。
 しかし美九は士道を嫌い、途中でやって来たASTの女たちを歓迎。
 ジェシカ、士道を狙う(どうやら彼女の目的は士道)。


[第二章 メイル/フィーメイル]

・9月9日、土曜。士道、天央祭の合同会議へ。場所は竜胆寺(りんどうじ)女学院。

・9月10日。琴里ら、美九が半年前にデビューしたアイドル歌手で、男嫌いのレズであることを確認。
 そこで友好的に接触するために、士道を女装させることに。

  ★ここで士道は美九がファントムに力を与えられた元人間ではないかと推理(伏線)

・9月11日、月曜。士道、トイレで女装。殿町に遭遇してしまう。
 従兄妹の「士織」として誤魔化す。十香にバレ、折紙に撮影される。

・女装した士道、美九と接触。今度はうまくいく。転んで手を擦りむいた際、ハンカチを渡される。

・9月12日。先のハンカチを返し、それを口実にして誘宵家へ。
  美九、女装した士道に好意を抱き、転校を美声で願うが、通じず。
  士道、精霊の力を封印する特殊能力を持っていることを吐露し、美九の力を封印することを願う。
  しかし美九、それを断り、あくまで士道を自分のものにしようとする。
  結局、天央祭で勝負することに。


[第三章 エディットタイム]

・琴里、士道の勝手な行動に怒りながらも、勝負を受けて立つ。
 内容はバンド演奏(士道の黒歴史、一人ギター演奏が役に立つ)。

・日下部、ジェシカらが9月23日土曜日に十香と士道を捕獲することを知る。その際、折紙が外されることも知る。

・9月13日。殿町、女装した士道に惚れる。バンドの準備(十香は下手、折紙は上手)。

・美九も周りを洗脳してステージに出ることに

・9月22日。折紙、日下部の独り言を聞き、ジェシカらの目的を知る。


[第四章 音楽(エンジョイ・ザ・サウンド)]

・9月23日土曜日。第25回天央祭開催。
  士道、女装してメイドカフェのメイドに。四糸乃にも見られる。

・折紙、日下部らの独り言のおかげで、無断で出撃することに成功

・美九と女装した士道のデート(ここで序章に繋がる)。
  美九、輪投げの際、人間を自分のおもちゃのように扱う。士道、それを否定。

・亜衣麻衣美衣、美九に洗脳されバンドを辞退(折紙もいない絶望的な状況)

・琴里、会場設備を妨害することで歌唱中の美九に仕返し。
 しかし美九、霊装を顕現させることで難を逃れ、圧倒的な歌唱力を披露。

・代わりに八舞姉妹がバンドに参戦

・ジェシカらも十香と士道を捕獲するために動く

・折紙、ホワイト・リコリスを駆使することでジェシカらに対抗

・士道らの出番。
 途中、何者かの妨害によって、歌が流れないアクシデントが発生するも、
 動ずることなく楽しそうに歌う十香のおかげで成功。


[第五章 蒼い閃光]

・折紙、限界が近付き、厳しい形勢に

・天央祭のステージ部門一位は竜胆寺女学院に。
 しかしメイドカフェなどのおかげで、総合一位は来禅高校に。

・納得のいかない美九、周囲の人間を美声で洗脳し、士道に接触。
 その際、「士織」が男であることを知ってしまい、激怒。
 洗脳された四糸乃や八舞姉妹と周囲の人間を使って士道を始末しようとする。
 しかし耳にイヤホンを付けていたために洗脳されずにすんだ十香が士道を助ける。

・フラクシナス内の琴里らも洗脳され、ステージごと破壊しようとする。
 しかしそこに突如、真那が駆けつけ、事なきを得る。

・真那、ピンチの折紙を助け、DEM社を辞めることをジェシカに告げ、戦う

・エレンがステージ上にやって来て、十香と士道を捕獲しようとする。
 十香、士道を外に逃がす。

・真那、圧倒的な戦力差でバンダースナッチらを倒し、折紙を介抱。
 仇敵たる最悪の精霊の気配を感じ取る。

・士道は助かるが、十香はエレンにさらわれる

・士道、廃ビル内に隠れる。そこへ3巻で登場した狂三が…!

『デート・ア・ライブ 第5巻 八舞テンペスト』の要約

【第5巻 八舞テンペスト】

  ※テンペスト…シェイクスピア作のロマンス劇。「嵐」の意。



・5巻から登場する主な人物

 八舞耶倶矢(やまいかぐや)、夕弦(ゆづる)…第5の精霊

 岡峰美紀恵…ASTの新人隊員。ミケ。
 ミルドレッド・F・藤村…ASTの整備士。ミリィ。
 桐谷…AST陸将

 アイザック・レイ・ペラム・ウェストコット…DEMの長
 エレン・ミラ・メイザース…DEM関係者。最強の魔術師。
 ジェームス・A・パディントン…DEMの空中艦〈アルバテル〉の艦長

 エリオット・ウッドマン…円卓会議の議長。〈ラタトスク〉の創始者。



[序章] どちらかを選べという八舞姉妹


[第一章 DEMの策動]

・桐谷陸将、〈ホワイト・リコリス〉を無断で使用した鳶一折紙一曹に懲戒処分を言い渡す。
 しかし途中で登場したDEMの長、アイザック・レイ・ペラム・ウェストコットが鳶一に興味を持ち、
 佐伯防衛大臣に圧力をかけたため、鳶一は二ヶ月の謹慎処分に。

・ウェストコット、「マナやアルテミシア」と言い、鳶一を高く評価。十香に興味を持つ(傍にエレン)。

・7月5日。崇宮真那、一ヶ月ぶりに目覚める。その後、何者かに連れ去られる。

・期末テスト終了。
 士道、折紙に先月の件の処分について聞く。場所が女子トイレだったので、十香ともめる。

・7月半ばの修学旅行の部屋割りと飛行機の席順を決める。行き先は伊豆の或美(あるび)島。
 十香、部屋割りが男女別であると知り、男装。いろいろもめる。


[第二章 暴風少女(サイクロン・ガールズ)]

・琴里と令音の話によると、DEM(デウス・エクス・マキナ・インダストリー)の圧力で、
 修学旅行の行き先が沖縄から或美島になった。
 日程は7月17日から二泊三日。琴里はこの日、本部会議に出向予定。

※DEM…デウス・エクス・マキナ・インダストリー。
  〈ラタトスク〉の母体の一つであるアスガルド・エレクトロニクス社を除けば、
  世界で唯一、顕現装置(リアライザ)を製造できる会社。
  精霊を平和的に封印しようとする〈ラタトスク〉とは正反対の理念(=精霊の積極的な殲滅)を持つ組織。  

・7月17日、月曜日。修学旅行一日目。エレン、カメラマンとして潜入。

・DEMの空中艦〈アルバテル〉と艦長のジェームス・A・パディントン、登場。
 〈バンダースナッチ〉とやらについて言及。
 或美島全域の電波通信を遮断(これにより〈フラクシナス〉も通信できなくなる)。

・暴風発生。決闘する八舞姉妹が登場し、士道と十香が巻き込まれる。

・八舞姉妹、士道を魅力で落とすことを最後の勝負にする。転入生として参加。


[第三章 ダブル・アプローチ]

・八舞姉妹、士道をだまして女湯に入れ、誘惑。士道、十香の助けで何とか脱出。

・耶倶矢、十香と親しくなる。夕弦、折紙と親しくなる。

・令音によると、八舞姉妹は〈ベルセルク〉。風を伴う精霊で暴風を発生させる。
 令音、2人の霊力を同時に封印することを士道に勧める。

・士道、八舞らと寝ることに。八舞ら、寝床で士道を誘惑。裸になったり、裸にしたり。
 一方、十香と折紙も士道をめぐり対立。

・エレン、枕投げに巻き込まれる

・岡峰先生、士道の裸を見て発狂


[第四章 クロスカウンター・ハート]

・修学旅行二日目。赤流(あかる)海岸のプライベートビーチへ。水着姿の八舞姉妹に日焼け止めを塗る。
 そこへ泳いでやって来る十香と折紙。

・エレン、ターゲットが人気のない所へ行ったことを知り、好機と判断。
 しかしまたも巻き込まれ、砂に埋められる。

・十香と折紙が来たので、ビーチバレーをすることに。八舞姉妹、士道vs十香、折紙、令音。

・八舞姉妹、互いに相手を選ぶことを士道に懇願

・士道と十香、夜の浜辺へ。十香、八舞の件で悩む士道を憂える。
 その話を聞いてしまった八舞姉妹、激昂し再び対立。
 (その間、エレンも動き、十香を捕まえる準備をする)

・暴風発生。士道の安否を確認しに行こうとした折紙、バンダースナッチに襲撃される。

・フラクシナスvsアルバテル勃発


[第五章 風を裂く光]

・エレン、バンダースナッチ、士道と十香の前に現れ、十香をあっさり倒す。
 士道、覚醒し、光り輝く剣を手にする。

・日下部燎子、優秀だったのに失踪したかつてのマゾ気質の隊長(おそらく神無月)の話をする

・フラクシナス、神無月の天才的な頭脳により、アルバテルに勝つ

・士道、十香のサンダルフォンを手にする。
 アルバテルの被弾により遠隔操作していたバンダースナッチの動きが乱れる。
 その隙に士道と十香、逃亡。

・士道、サンダルフォンを使って八舞姉妹の気をひき、喧嘩を止める

・アルバテルの艦長、八舞姉妹と十香の捕獲を命ずる

・八舞姉妹、戦艦を破壊

・折紙、バンダースナッチが止まったため、助かる

・エレン、十香を捕獲できなかったこと、十香は確かに精霊であること、
 精霊の力を扱える人間、士道がいることをウェストコットに報告

・八舞姉妹、士道にキス。拘束衣がなくなり、裸に。


[終章 士道は、私が――]

・修学旅行三日目。士道、ハーレム状態に。

・琴里、円卓会議議長のエリオット・ウッドマンに会う(彼は〈ラタトスク〉の創始者)。
 ウッドマン、士道が天使を顕現させたことを話し、琴里の霊力の再封印がきっかけではないかと考える。
 琴里、有事の際は自分が士道を殺すことを誓う。

デート・ア・ライブの時系列とその矛盾について

橘公司によるライトノベル『デート・ア・ライブ』の時系列とその矛盾について記しておく。

6月
5日、月曜日、狂三の転校(3巻4ページ)
6日、不死身の狂三~デートの約束(141ページ「翌日」)
7日、トリプルデート(187ページ。158ページ「明日って~開校記念日で休み」より。)
8日、屋上での対狂三戦(268ページ「次の日の朝」)

20日(9日?)、目が覚める(4巻32ページ。58ページ「二日後。六月二二日。」より。)
21日(10日?)、水曜日、水着選びなど(116ページ)
22日(11日?)、琴里とのデート(165ページ)
 しかし4巻50ページ「昨日言わなかった?返してもらうわよ」や162ページ「一昨日来禅高校の屋上で」
 を考慮すると琴里とのデートは11日でないと3巻の時系列と矛盾してしまう。
 →そこでアニメ10話では11日に変更。令音が明言している。曜日はずれてしまうが妥当だろう。


なお、この内容は2ちゃんねる(http://toro.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1373204116/)でも指摘した。

デート・ア・ライブ3  狂三キラー (富士見ファンタジア文庫)デート・ア・ライブ3 狂三キラー (富士見ファンタジア文庫)
(2011/11/19)
橘 公司

商品詳細を見る

デート・ア・ライブ4 五河シスター (富士見ファンタジア文庫)デート・ア・ライブ4 五河シスター (富士見ファンタジア文庫)
(2012/03/17)
橘 公司

商品詳細を見る

プロフィール

赤目無冠(あかめむかん)

Author:赤目無冠(あかめむかん)
アニメ・漫画、将棋・麻雀、音楽(ベース、作曲、DTM)、ギャンブル(競馬・競艇)、適当英語、思想など内容は多岐に渡る。
みなみけのHPhttp://2nd.geocities.jp/tkya42/index.htmlもよろしく。
気軽にコメントしてね。
好きな将棋棋士は森内、広瀬。
邦楽はスピッツ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。