スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコニコ動画の四間飛車vs居飛車穴熊(4四銀型)

現在、ニコニコ動画で、将棋の解説をしています。

具体的には、四間飛車vs居飛車穴熊(4四銀型)の解説をしています。

場所は1.http://www.nicovideo.jp/watch/sm19548455
   2.http://www.nicovideo.jp/watch/sm19554531
   3.http://www.nicovideo.jp/watch/sm19561317
   4.http://www.nicovideo.jp/watch/sm19568407
   5.http://www.nicovideo.jp/watch/sm19576812

↓参考書は鈴木大介による『四間飛車で居飛車穴熊退治』(創元社、2003年)です↓

四間飛車で居飛車穴熊退治 (将棋必勝シリーズ)四間飛車で居飛車穴熊退治 (将棋必勝シリーズ)
(2003/07)
鈴木 大介

商品詳細を見る

↑居飛車穴熊に苦戦している中級~初段ぐらいの振り飛車党にお薦め↑
スポンサーサイト

将棋棋戦情報の簡単なまとめ(2013年8月現在)

将棋棋戦情報の簡単なまとめ(2013年8月現在)

竜王渡辺 明(9期連続、永世竜王資格保持者)/七番勝負8時間
    ※現在の竜王戦は、1988年より、十段戦を発展的に解消し、設立

名人森内俊之(十八世名人資格保持者)/七番勝負9時間

王位羽生善治/七番勝負8時間

王座羽生善治/五番勝負5時間

棋王渡辺明/五番勝負4時間

王将渡辺明/七番勝負8時間

棋聖羽生善治/五番勝負4時間

※七番勝負なら二日制、五番勝負なら一日制

例年、王将戦(1月~3月)→棋王戦(2月~3月)→名人戦(4月~7月)→棋聖戦(6月~7月)
王位戦(7月~9月)→王座戦(9月~10月)→竜王戦(10月~12月)
というスケジュール

無料で遊べるフラッシュの麻雀ゲーム「麻雀 Flash」

無料で遊べるフラッシュの麻雀ゲーム「麻雀 Flash」
http://www.gamedesign.jp/flash/mahjong/mahjong.htmlでちょっと良い記録が出たので晒してみる。


FlashMahjong01.jpg

平均得点+13.1、平均順位2位。

但しランキングに掲載されるほどの成績ではない。以下のように、もっと良い成績の人はいくらでもいる。

フラッシュ麻雀03

彼らはほぼ全部1位なんでしょうね・・・何かコツがあるのでしょうか、うかがってみたいところです。

(そもそも、成績の良し悪し以前に10半荘連続でやるのが面倒臭い。途中で飽きてしまう人が大多数ではなかろうか。
 セーブ機能が欲しいところ。)



余談だが、以下のようにわざと振り込みまくってワースト記録を狙うという楽しみ方もある(苦笑

フラッシュ麻雀04

↑急いでやったから中途半端。丁寧にやればもっと悪い記録を出せるはずw

麻雀期待収支計算

【先制リーチするべきか否か】

●リーチした場合

・期待収入
  ・自分があがる     =アガリ点×アガリ率
  ・流局して形テン料を得る=平均期待形テン料×流局率
  ・追いかけリーチに勝ち、追いかけた人のリー棒1000点を得る
   =リー棒1000×アガリ率×追いかけリーチ率

・期待支出
  ・相手に放縦     =(相手の平均打点+リー棒1000)×放縦率
  ・相手にツモられる  =(相手の平均打点の按分+リー棒1000)×相手にツモられる率
  ・横移動でリー棒を失う=リー棒1000×横移動率
  ・流局してリー棒が次局へいき、かつ次局あがれずリー棒を失う
   =リー棒1000×流局率×次局自分があがれない率

●ヤミテンにした場合(リーチされたらベタ降りに移行すると仮定)

・期待収入
  ・自分があがる     =アガリ点×アガリ率
  ・流局して形テン料を得る=平均期待形テン料×(1-被先制リーチ率)×流局率

・期待支出
  ・降りきれず放縦 =相手の平均打点×降りきれず放縦してしまう率
  ・相手にツモられる=相手の平均打点の按分×相手にツモられる率
  ・ノーテン罰符  =相手の平均期待形テン料×被先制リーチ率×流局率

◎期待収支=期待収入-期待支出
 If リーチした場合の期待収支-ヤミテンにした場合の期待収支>0 ⇒ リーチする
 If リーチした場合の期待収支-ヤミテンにした場合の期待収支<0 ⇒ リーチしない



【追いかけリーチするべきか否か】

●攻めた(追いかけリーチした)場合

・期待収入
  ・自分があがる     =(アガリ点+相手のリー棒1000)×アガリ率
  ・流局して形テン料を得る=平均期待形テン料×流局率

・期待支出
  ・相手に放縦   =(相手の平均打点+リー棒1000)×放縦率
  ・相手にツモられる=(相手の平均打点の按分+リー棒1000)×相手にツモられる率
  ・横移動でリー棒を失う=リー棒1000×横移動率
  ・流局してリー棒が次局へいき、かつ次局あがれずリー棒を失う
   =リー棒1000×流局率×次局自分があがれない率

●降りた場合

・期待収入
  ・なし

・期待支出
  ・降りきれず放縦 =相手の平均打点×降りきれず放縦してしまう率
  ・相手にツモられる=相手の平均打点の按分×相手にツモられる率
  ・ノーテン罰符  =相手の平均期待形テン料×流局率

◎期待収支=期待収入-期待支出
 If 攻めた場合の期待収支-降りた場合の期待収支>0 ⇒ リーチする
 If 攻めた場合の期待収支-降りた場合の期待収支<0 ⇒ リーチしない



あとは個々のパラメーターが決まればよい。それで麻雀は終わる。
この発想は麻雀ソフトをつくる際、有用。
プロフィール

赤目無冠(あかめむかん)

Author:赤目無冠(あかめむかん)
アニメ・漫画、将棋・麻雀、音楽(ベース、作曲、DTM)、ギャンブル(競馬・競艇)、適当英語、思想など内容は多岐に渡る。
みなみけのHPhttp://2nd.geocities.jp/tkya42/index.htmlもよろしく。
気軽にコメントしてね。
好きな将棋棋士は森内、広瀬。
邦楽はスピッツ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。