スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将来の夢などなくていい

人間、生きていく以上、将来の夢が何か考えなくてはならない時がある。
たとえば卒業文集で書かされる。進路調査や就職活動などで書かされることもある。
そういう時に多くの人が自分は何になりたいのか悩む。

しかし、私は将来の夢などなくていいと思う。
そもそも将来の夢を考えることは権利であり、義務ではない。
たとえば家業を継がないといけない人は、もう道が決められているため、夢を持つことさえできない。

もちろん、実践的に生きていくうえでは、「将来の夢」とやらは必要である。
面接などで、「あなたの夢は?」と聞かれて「ない」と答えてしまってはあんまりだからである。
これでは会話が途切れてしまうし、愛想がない。
また、現実として、何もしないで生きていくことはできない。
最終的には、ほとんどの人が、何らかの職に就いてメシを食っていくことになるのだから。
そういう実践的な観点に立つと、「夢がないのはまずいよ」とフォローするのが自然な対応であろう。

しかし、本音としては「夢などクソくらえ」と思っておいて構わない。少なくとも私は同意する。
本音では大多数が将来の夢などバカらしいと思っているはずだ。そうでなくても先の見えない時代なのだから。
私は幼稚園の頃からそう思っていた。

幼稚園の頃、私は「将来の夢」という欄に「パン屋さん」と書いた。
動機は単純で、パン屋なら最悪、そのパンをメシにすれば生きていけると思ったからである。
それにそれほど悪い印象ではない。叩かれるような職業ではない。
つまり子供ながらに、「大人にどう思われるか」ということを考えたうえで、「パン屋」と答えていたわけである。
さすがに「ない」というのはまずいだろうと、空気を読んでいたわけだ。
一般的には、男の子は「プロスポーツ選手」などを答えているようだが、
私は家でゴロゴロしている方がはるかに社会厚生が高いことを幼稚園の時点で見抜いていたので、無理に答える必要はないと判断した。
それに本当に全員が「プロスポーツ選手」と本音で答えているのだろうか。
単なるファッション感覚で答えている男も必ずいると思う。
「強そうだからカッコいい」とか「そう言っておけばモテそう」とか、そういうステータスを意識して答えている奴も少しはいるはずだ。
勝手な行動が多い私でさえ空気を読んで「パン屋」と答えたのだから、相手にどう思われるかを意識して答えている人もいるだろう。

ついでに言えば、学生時代、何かに夢中になっていなくてはならないという風潮が苦手だった。
明らかに何もしないですむ状態の方が裕福なのに、なぜ自分から苦を選ぶのか。あなたはマゾなのか?
部活の選択自体、既に妥協の始まりである。奴隷になることに慣れる訓練である。
私は本音では帰宅部が最強だと思う。実はみんなも思っているだろう。
家でゆっくり過ごし、たまに庭の植木をいじる。そんな余裕が豊かさの象徴だ。

さらに言えば、大人も好きで働いているわけではない。
何度も辞めたいと思い、馬鹿馬鹿しさを感じながら、惰性で動いている奴隷である。特に雇われはそうであろう。
その証拠に、宝くじに並んでいる人が異常に多い。年末になると新橋や有楽町などでよく見かける。
一獲千金でさっさとリタイヤしたい人が多いということだろう。
実際、アメリカの宝くじの高額当選者は、しばしば仕事を辞める。
所詮、その程度の労働だったということだ。
本当に信念を持って続けられる仕事なら、たとえバイト程度の時給であっても辞めないはずだ。
しかし辞めるということは「金のため、生きていくため」というのが働く動機のほとんどだったということを暗に示している。

というわけで、ほとんどは空気を読んでいるだけで、夢などクソくらえであろう。
私もゴロゴロしたい、メシを食いたい、ウンコしたい、などの原始的な欲求を除けば、夢などない。
それでいいと真剣に思っている。
そもそも目標を設定して成長するという姿勢は単なる20世紀以降の国家戦略であり、個人の考えではないのではなかろうか。
成長は社会を豊かにするうえで必要な手段だが、その成長で苦しんでいては意味がない。
どうも現代社会を見ているとその手段が目的と化して、多くのリーマンが疲弊している。
別に死なない程度にぶらぶらしていても、欲求に忠実であるという意味では自然なので、全国のニートやフリーターは自信を持って欲しい。
今や若者の多くが非正規になる時代。もはやゴミクズの方が冗談なしにマジョリティだ。

それに前述したとおり、本来、夢を持つことは権利である。
戦時中の極限状態に置かれた人達は夢を持つ暇さえなかった。
そのことを考えれば夢について悩むことの何と贅沢なことか!
悩むぐらいなら「将来の夢などなくていいや」でくたばって結構である。
スポンサーサイト

プロテスタントのカルヴァンの二重予定説に関する疑問

ご存知の方もおられるだろうが、キリスト教はカトリックとプロテスタントとに分けることができる。
前者は昔からある宗教で、後者は新たに台頭した宗教である。
私はこの内のプロテスタントについて学生時代、少しだけ教わっていた。
しかし、一点だけどうしても理解できないところがあった。

それはカルヴァンの二重予定説の解釈である。
カルヴァンという人によると、救われる人と救われない人は最初から決まっており、現世での善行でそれを変えることはできない。…①
かなり奇異な考え方である。
というのも、通常の宗教は「信じる者は救われる」と言うことが多いからである。
しかしカルヴァンの考え方はかなり厳しく、救われない人もいると言っている。

その結果、自分が救われている者だと信じるために、禁欲的に働く者が増え、ヨーロッパは近代化したらしい。…②
この発想はヴェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」でも触れられているもので、非常に有名である。
いわゆる「世俗内禁欲」という言葉として語られることもある。

しかし、私はこの話の中でどうしても納得できない点がある。
何故、救われているとは限らないのに、懸命に働こうとするのか。
ここだけ理解できない。

①で示した通り、現世での善行で救われるかどうかを変えることはできない。
だとしたら、努力してもしなくても結果は既に決まっているのだから、頑張らない方が合理的である。
もし救われていたとしたら、コストゼロで恩恵を受けることができるのだからラッキーだし、
救われていなくても、コストをかけなかったのだから仕方ないと思えるからである。
しかしコストをかけていたら、救われてようやくチャラだし、まして救われていなかったら骨折り損なのだから最悪だ。
ゆえに①から懸命に働くという②を演繹することは論理的におかしいのではなかろうか(*)。

宗教学者は基本的な演繹ができないバカの集まりなのだろうか。
それとも私の解釈に何らかの誤りがあるのだろうか。

ここだけ今でも分からない。

かなりマニアックな疑問ですが、皆さんはこれに答えられますか?
何かご存知でしたら教えてください。



*…この理屈を数字で分かり易く説明する。
  現世での苦労(コスト)を1、救われていた場合の便益を1、救われていなかった場合の便益を0とする。
  そして人々は便益-苦労(コスト)=利潤を最大にするように行動しているとする。
  救われるか救われないかはそれぞれ50%ずつ(フィフティ・フィフティ)とする。

  現世で苦労しなかった(コストをかけなかった)場合:1×0.5+0×0.5-0=0.5
  現世で苦労した(コストをかけた)場合:1×0.5+0×0.5-1=-0.5

  よって言うまでもなく、現世で苦労しないで遊んで暮らした方が期待される利潤は高い。

ニートの名言集

ニートの(痛すぎる)名言集。
適当に作ったり集めたりしてみた。「名言」ではなく「迷言」かも。

~ニコニコの生きる伝説、ニートスズキの名言~
 「みんな心にニートを持つべき」

 実際にニートになる、ならないは別として、心にニートを持てば、ギスギスしないので、豊かな人生に繋がるという意味

 「ニートは戒律が厳しい」
 経済的に厳しいため、みんながニートになることはできないという意味。ある意味でニートは選ばれた人である。

~家族第一主義~
 「お前らは上に行け。俺は家に残る。」 「ニートは現場第一主義だから外に出ない」


~底辺からしか見えない世界~
 「私は何が成功なのかは全く分からない。しかし何が失敗なのかは全て知っている。」


 「上を見ることに疲れたら下を見ろ。そこで俺はいつでも待ってる。」
 ツイッターのおな倉氏の発言をアレンジしたもの。何故か頼もしい。

 「俺は社会人が折れそうな時の心のオアシスなんだと思う」

~野次馬について~
 「働いている奴や学生は本当はニートが大好きなんだよ。少しでも他人を見下したい連中だからさ。
  今これを読んでいるあんただってそうだろ?」


~アイデンティティ(ニートには価値がないと揶揄されて)~
 「価値? そんなもの働き続ける自分を正当化したいだけだろ?
  むしろニートは価値を捨てたんだよ。」


 「俺には何もない。そして何もないまま死ぬだろう。」

~勤労態度について~
 「ブラック企業から身を守るには、そんな所で働かない闘志を持つことだ。
  たとえそれが間違いだとしてもね。」


 「俺は下手な人間よりは労働基準法のセンスがあるよ。
  別に必要なだけ動けばいい。それ以上もそれ以下もない。
  普通の人間の良心を連ねているだけさ。」


~生活について~
 「俺は動かないことに関しては世界一だ。今日だって外に出なかった。」

 (「たまに図書館に行く姿を見かけますが」という質問に対して)
 「あれは俺の兄弟みたいなものさ。唯一の友達でもある。本は人と違って俺を裏切らないからね。」

~金について~
 「本当の自由は、何も持たないことかもしれない。
  財布に千円札さえ入ってなかった頃のほうが、もっともっと自由だった。
  ある意味、選ぶ苦しみって稼げるようになってから始まるんじゃないかな?」


~サブカルについて~
 「声優っていうのは演じるものではない。あれは『成る』ものだ。」

~親について(親が死んだらどうするのかという質問に対して)~
 「俺に金融工学者にでもなれって言うのか? 俺にはニートしか無いんだ!」

 「何かに依存するってのは別に恥ずかしいことじゃない。
  あんただって学校や会社が急になくなったら困るだろ?
  そうやってみんな何かと繋がって生きている。俺たちは世界だ。」


~定番ネタ(あらゆるニート批判に対して)~
 「『働け』なんて1回だけ言えばいいだろ。
  それともてめぇはそんなに今の自分が不満なのか!?」


 「『働け、このブタ』と安易に言ってしまったら、幸せが閉じてしまう。
  その言葉は人生のオチまでとっておかなければならない。」

「※ただしイケメンに限る」がウソであることの遺伝学的証明

「※ただしイケメンに限る」がウソであることの美しい応用数学的証明が面白かったので、私も持論を展開しておきたい。

結論から言うと、私も「※ただしイケメンに限る」はウソだと思っている。


証明1:

(数式は一切使わない。論理的概念だけで誰でも簡単に説明できる。)

前提:人は遺伝する。つまり、子は親に似る
   よって、イケメンはイケメンの子孫を残し、ブサメンはブサメンの子孫を残すと考えられる
   (100パーセントとは言えないが遺伝学上、傾向としてはそうなるはずである)。

この前提で考えてみると、
もしイケメンばかりがモテて、イケメンばかりが子孫を残せるような社会だったとすると、
ブサメンは淘汰され、だんだんイケメンばかりの社会になっていくと考えられる。

しかし、現実を見てみるとブサメンもいる。それどころか一般的な価値観としては、ブサメンの方が多く、イケメンはむしろ少ない。
これは先に言ったイケメンばかりの社会になることに矛盾する。
従って、イケメンに限るはウソであり、ブサメンも相当子孫を残しているということになる。

おしまい。



但し、これから変わる可能性は否定できないと念のために断っておく。
あくまで上記は今のところはブサメンもいるという傾向を示しただけであり、これから先も今まで通りかは分からない
しかし、何千年と続いてきた傾向が急に変わるとも思えないので、筆者はこれから先もブサメンは一定数生き残ると考えている。


また、「イケメンの基準がだんだん厳しくなっていくのなら、イケメンばかりの社会になっていくという考えは正しい」という反論もあり得る。
つまり今、イケメンに見える人達も、下の世代では基準がより厳しくなり、再びイケメンとブサメンに分類されるかもしれないということである。
もしそうなら、イケメンばかり生き残り、その中でよりイケメンである者だけまた生き残り、その中でより~、
というような進化論的な淘汰を我々は繰り返してきたことになる。
言い換えれば、今、ブサメンに見える人は、前の基準が緩かった世代ではイケメンだったかもしれないのだ。

従って、先の証明1は、あくまで世代を問わずイケメン・ブサメンの具体的な定義が固定されていることを断っておく必要があるだろう
(何でもそうだが定義が曖昧だと議論にならない)。

もっとも筆者は進化論的な淘汰は懐疑的である。
イケメンの基準を極端に厳しくしすぎていくと、該当する男が極端に少なくなっていってしまうからだ。
そうなると子孫をたくさん残しにくくなるため、現実的な考え方とは言えない。
しかも歴史の事実としては、20世紀以降、人口は激増しているのだ。
「ただしイケメンに限る」と本気で女性が判断していたら、これ程の人口爆発は不可能ではなかろうか。
「イケメンだけがたくさん産んでいる」と言うかもしれないが、そうだとしてもどこかで限度というものがあるはずである。
やはりある程度、ブサメンがブサメンの子孫を残していることを認めないと、これ程の人口爆発を説明できないと思う。


さらに言えば、筆者はモテること(恋愛)子孫を残すこと(結婚)を同じことにしたが違う可能性がある。
モテるイケメンは浮気しやすいため、子孫を安定した環境で育てることができないと女性が判断するかもしれない。
そうなるとブサメンにもチャンスが訪れる。
プロフィール

赤目無冠(あかめむかん)

Author:赤目無冠(あかめむかん)
アニメ・漫画、将棋・麻雀、音楽(ベース、作曲、DTM)、ギャンブル(競馬・競艇)、適当英語、思想など内容は多岐に渡る。
みなみけのHPhttp://2nd.geocities.jp/tkya42/index.htmlもよろしく。
気軽にコメントしてね。
好きな将棋棋士は森内、広瀬。
邦楽はスピッツ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。