スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年秋アニメ「未来日記」のまとめ5

まとめ4(http://mukanakame.blog101.fc2.com/blog-entry-133.html)の続き



OVA『未来日記リダイヤル』
第27話「データ移行」
…3周目の由乃が雪輝に会いに行く話(12巻現実第一話+オリジナル)

・1周目のムルムル、自害した1周目の由乃を体内に取り込む。しかし3周目のムルムルがそれを拘束し、共に消滅。

・2年後の7/26 3周目世界の臨海学校。由乃を襲う繰り返される既視感。(椿は意外にも高坂が好き)

・デウス、3周目世界の神の後継を2周目の雨流に頼む(未来日記による選抜はもうできない)。
 しかし2周目の雨流は現状に満足しているため、これを断る。

・7/27 デウスの寿命は予定では7月28日だが、未来日記ゲームをせずに力を温存したため、まだ時間に猶予がある

・由乃、2年前に爆発事故があった桜見中学校を見て「大切なことを忘れてるような」

・デウス、後継が決まらずに世界が滅びるのも、それはそれで運命ではないかと考え始める

・7/28 由乃、アカシックレコード内へ侵入し、3周目のムルムル・秋瀬と対峙。
    ムルムルの方は突然現れた雨流が相手をする。いわく「あいつ(雪輝)には大きな責任を背負わせちまった貸しがある」。

・球体を破壊し、檻の中に閉じ込められている1周目のムルムルに会い、携帯のストラップ(26話参照)を見せる。

・デウス、由乃の意志を認め、運命と判断。
 彼によると、1周目のムルムルは1周目の由乃の記憶が流れ込んだことで改心している。

・1周目のムルムル、3周目の由乃に1周目の由乃の記憶を託す

・3周目の由乃が雪輝に会いに行く。2人で星を見に行く。



未来日記のネタバレ(2ちゃんねるから引用した文章を筆者が加筆修正したもの)

ヒロイン由乃は一度ゲームで優勝して神になり、神の力で世界をループさせた張本人。

彼女は1周目の世界で雪輝と協力して勝ち残るが、愛し合っていたためにお互いを殺せず、薬物で心中を図った。
だが、彼女は薬を飲み込んでおらず、生き延びて優勝者に。
そして得られる神の力で雪輝を蘇生しようとするが、神の力でも魂までは生き返らせることはできず、絶望。

そこで彼女は、再び雪輝と結ばれるために世界をループさせ、2周目の世界(現在)に行き、
2周目の自分を殺し、なり替わることでゲームに参加していた。
すなわち、彼女の家にあった死体は、両親と2周目の自分。

2周目世界でも雪輝を神にするために画策するが、終盤で秋瀬に1周目からループしてきた元「神」だとばらされてしまい、暴走。
雪輝を再び殺そうとするが、デウスの力を託された雨流が現れてそれを阻止。一同は3周目世界へ。

3周目でも殺し合いは続くが、2人は愛し合っているため葛藤する。
結局、気持ちが通い合い、最終的には由乃が自害することに。そして2周目の雪輝が「神」になる。

最後に、ムルムルが1周目の由乃の記憶を3周目の由乃に与えたことで、全てを思い出した3周目の由乃が雪輝を迎えに行く。
そして2人で星を見に行く。雪輝と由乃は時空を超えて結ばれる。

なお、2周目の雨流みねねは3周目の西島刑事と結婚する。



未解決問題や研究課題

・由乃の記憶の改竄とは何だったのか?(10話など)→精神状態を保つために都合の悪いことを忘れていた?

・なぜ若葉は母の礼亜に似ているのか?(18話)→単に雪輝がマザコンだから。若葉と母に何らかの関係があるという説も?

・なぜデウスの死滅は予定の7月28日より早かったのか?(21話ラスト)→雨流に力を託したから?

・なぜ雪輝の声が2周目の由乃に届いたのか?(23話の「たすけて」と書くシーン)
 →未解決。ムルムルが「バカな、ありえん」と言っているが…

 →追記(2013/08/01):2ちゃんねるのアニメ2の未来日記 82thで質問してみたところ、以下のような回答があった。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/31(水) 22:15:59.39 ID:5ZsxHTNE0
・本当に聞こえた訳ではなくただの空耳
・あの空間自体が色々とねじれていて実際に聞こえた
・作者が明かしていないギミックがまだ存在する

この3つのうちどれかだな
個人的には3つ目だったりしたら面白いんだが

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/31(水) 22:47:12.30 ID:BGvB9Uy+0
>>523
二番目だろ
漫画リダイアルで平行世界でも繋がりがある物があれば座標の特定が出来るとあった
であの現場には雪輝日記が二台もあった
まだ神の力がなくてもそれこそ奇跡で声届いたのかと


・由乃の雪輝への呼称→2周目の自分を殺したあたりで「天野君」から「ユッキー」に変わった模様(24話)

・3周目のデウスが日記のノイズに気づいているがこれは伏線なのか?(24話)
 →多次元干渉に気づいた? それで26話に繋がるということか?

・なぜ、由乃は父親を刺したのか?(25話)→正体がバレそうになって慌てた? 虐待されていたため、まだ恨んでいた?

・なぜ3周目の西島は2周目の雨流を覚えていたのか?(26話)
 →指名手配されている国際テロリストだから。西島も由乃のように前世の記憶を受け継いでいるという説も?



感想
 無理のある展開が何箇所かあったが、細かい点を気にしなければ、楽しんで見られる内容だった。

 物語としては、バトルロワイヤルのような王道の展開に、「ループもの」というやや特別(*1)な設定を付け加えていったものと評価できる。
 特に23話からの超展開が面白い。終盤でいくつかの伏線が次々と回収されていくため、気持ちがよい。
 また、こうした「ループもの」は、最後の出来事が最初に繋がって繰り返されるという意味で、
 前の話を思い出させる効果があるため、一度見るともう一度最初から見たくなる。
 二度目の視聴はまさに本作のように2周目の世界に入っていくようなものなので、一度目とは違う世界観を堪能できる。
 結果として夢中になり、何度も見ることになるわけである。繰り返しによる刷り込み(リフレイン効果)があると考えられる。
 これが本作の魅力の一つであろう。そもそも「ループもの」という設定自体にそういう力があるとも言える。

 それと由乃というキャラクターが印象的だった。頭を空っぽにして彼女のヤンデレぶりを楽しむだけでもそれなりの価値があるだろう。
 全体的にキャラクターの個性や役割がはっきりしているため、見ていて飽きなかった。
 名作と言えるほどの内容ではないが、並の作品よりはよくできていると思う。
 実際、wikipediaによると、原作は第32回講談社漫画賞で少年部門の候補作にノミネートされている。

 残念ながらアニメの円盤は累計平均1,764枚(全9巻)とあまり売れなかったが(ソースはhttp://dvdbd.wiki.fc2.com/wiki/未来日記)、
 埋もれてしまっている良作だと思う。
 原作に忠実だったし、場所によってはアニメの方が丁寧でさえあった。もっと売れても不思議ではない内容だったと思う(*2)。

 「あにこれ」というアニメを評価するサイトでも総合得点83.1点(ランキング71位)、平均満足度3.8、レビュー1645件(2013/07/27現在)
 と高評価である(ソースはhttp://www.anikore.jp/anime/3244/)。
 ここでは埋もれてしまっているどころかメインでさえある。

 視聴してみることをお勧めする。

  *1…「やや特別」と書いたが「ループもの」という設定を活かした作品は他にもたくさんある。
    日本のサブカルチャーにおいては『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』が先駆的な「ループもの」と言われているらしい。
    詳しくはwikipediaの「ループもの」を参照。

  *2…ただし、26話の評判だけはよくない。バッドエンドにも見える誤解を招く内容だったからであろう。
    実際、ニコニコ生放送のアンケートでも、「良くなかった」が25.1%、「あまり良くなかった」が10.8%と酷評されていた。
    日頃は数%しかないため、客観的に見て、これはかなり酷い(ソースはhttp://www18.atwiki.jp/future-diary/pages/87.html)。
    この点に関しては、OVA(リダイヤル)か原作12巻を見て補完することをお勧めする。雪輝と由乃は再会できるのでご安心を。



追記(2013/08/09):

時系列に関しては、当初、「だからあの・・・あれだって。」という個人ブログを推していたが、ここは間違いが多い。
例えば、由乃が殺されたのは1年前の8/1だが、上記サイトでは、5/10と5/17の間になっている。
また、殺されたのは1周目の由乃ではなく、2周目の由乃である。
さらに言えば、5/3も意味不明。由乃の両親は4月17日に餓死している(24話冒頭参照)。5/3は雪輝の両親が離婚した日である。
グーグルで「未来日記 時系列」と検索すると一番にヒットするページだが、ミスが多いのでここは参考にならない。

時系列に関しては、まとめwikiのカレンダーや公式ガイドブック(フラグメンツ)を読んだ方がよい。
スポンサーサイト
プロフィール

赤目無冠(あかめむかん)

Author:赤目無冠(あかめむかん)
アニメ・漫画、将棋・麻雀、音楽(ベース、作曲、DTM)、ギャンブル(競馬・競艇)、適当英語、思想など内容は多岐に渡る。
みなみけのHPhttp://2nd.geocities.jp/tkya42/index.htmlもよろしく。
気軽にコメントしてね。
好きな将棋棋士は森内、広瀬。
邦楽はスピッツ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。