スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルクスに対するゆとりニートの暴言~利潤率が低下したっていいじゃない

いきなりだが、私は経済学者のマルクスがあまり好きではない。そもそも経済学者として認めていいかどうか怪しい。
個人的には、彼はどちらかというと思想・哲学者ではないかと思っている。
実際、彼はヘーゲルという哲学者の影響を受けているし、最初から経済学を専門にしていた人ではない。
数学者や物理学者ではなく、完全に文系の人である。
(このぐらいの内容は、wikipediaレベルでも普通に載っている)
そのため、経済学の特に理論系を真面目にやっている人ほど、彼のことがあまり好きではないと思う。
頭のいい人ならマルクスの考えの穴を咎めるのは簡単だし、現在ではその意味を失いかけている。

そもそも、彼は労働者が「搾取」されているという実態というか価値観に基づいてものを考えている。
要するに非常に悲観的な前提でものを考えている。
だから出てくる結論が悲惨なものであってもそれは当然である。最初からネガティブに考えているのだから。
ということは、単なる「価値観」を導出しただけであって、それが「事実」かどうかは検証しない限り分からない。

しかも歴史の事実を見る限り、マルクスの考え(具体的には資本主義崩壊から社会主義への発展段階など)は今のところ、外れている。
ソ連などの社会主義系は結局は崩壊したし、必ずしもうまくいっていない。
現在、世界的不況ではあるが、サブプライムなどの金融の失敗が響いているだけであり、別にマルクス的な文脈での崩壊とは無関係に思える。

さらに言えば日本の経済学の研究はこのマルクスのせいで遅れたとも言われている。
(グーグルで「日本の経済学 マルクス」と検索するとそういう内容がヒットする)

また、マルクス主義は日本の学生運動における拠り所だったという事情もある。
そんなおバカさんなことをずっとやっていたから、いつまでも学問が進まなかった(苦笑)。


だが、そうは言っても全ては否定していない。思想の自由ぐらいは認めてもいいと思う。
それに、さんざんコケにしてきたが、マルクスはたまに面白いことも言っている。批判されながらも、悪魔の囁きのような説得力もある。

それが利益率がだんだん低下していくという以下の議論だ。



彼によると、利潤率rはM/(C+V)と表現される。
は剰余価値、は不変資本(機械などのこと)、は可変資本(労働力のこと)である。

まぁMの剰余価値が「既に現実的ではない」あるいは「好きではない」という人もおられるだろう。
因みに「剰余価値って何?」って人はググったり『資本論』を読んだりして欲しい。
簡単に言うと労働者が「搾取」されている部分を示すと言われていて、ここだけでも色んな議論があるのだが、ここでは割愛する。

で、上式を変形すると(分母も分子もVで割ると)、r=(M/V)/(C/V+1)となる。
このうちのM/Vを剰余価値率、C/Vを資本の有機的構成比率という。

それでマルクスいわく、社会が発展すると、このうちのC/Vの部分(資本の有機的構成比率)が大きくなる
どんな産業でも成熟してくると機械化が進むため、だんだんV(労働力)の資本よりもC(機械)の資本の方が
相対的に大きくなっていくと考えられる
からだ。
そうなると、上式を見ての通り、分母の部分が大きくなっていくため、M/V一定なら、全体のrは小さくなる。
要するに機械化によって社会が高度になると、利潤率が落ちていくということである。

そうするとどんな産業でも、頑張っても儲からないビジネスにだんだんなっていくため、
失業が発生し、やがて資本主義は崩壊することになる。

非常にシュールだが、簡単にいうと上記のようなことを彼は言っている。



上の議論は、ちょっと頭のいい人なら疑問に思うはずだ。
まず、上で触れた通り、「剰余価値とかいう考えが既に現実に則っていないのでは?」とつっこめるだろう。
これは要するにモデルの前提そのものを咎める類の論駁である。

それ以外に考えられるのは、「何故M/V(剰余価値率)が一定だと言い切れるのか」という点であろう。
この値も動くのなら、r(利潤率)が低下するとは限らないのだから、資本主義は存続可能である。
ここも論争の元になりそうなポイントで、wikipediaの利潤率の傾向的低下の法則などを読むといろいろ出てくる。



しかし、私はまったく別のことを考えていて、基本的に利潤率が傾向として低下していくことは素直に認めている。
別にマルクスの文脈でなくても説明できるかもしれないが、とにかく利潤率低下は傾向としてはアリだと思っている。

違うのはそれに対して楽観的だという点である。
つまりマルクスはみんなが失業して崩壊というような感じで、基本的には悲観的な側面がある。
だが私は、これは働かなくても生きていける社会がやってくることを意味しているのではないか、と楽観的に捉えている。
何故なら全てが機械化して高度化した社会なら、もはや人をこき使う必要はないし、利潤が出なくても生活できそうだからだ。

しばしば機械化すると雇用がなくなると嘆かれるが、別にそれ自体は悪いことではない。
人が苦労しないですむようになるのだから、普通に考えればこれは立派な成長であろう。

もちろん仕事がなくて金もモノもないなら悲劇だし、立派な社会問題だ。
だが、十分に金もモノも充足された状態で仕事がないことを嘆くのは愚かである。
非自発的な失業は問題だが、自発的な失業なら、単なる個人の選択である。

利潤率が低下するぐらいの社会になれば、ほとんどがオートメーション化しているのだから、モノが既に十分にあふれているはずである。
にもかかわらず、まだ雇用というものがあるべきだと考えているのはおかしい。

だいたいマルクス系の授業はおかしい。ある教授は以下のようなことを言っていた。
「今は車が売れない。もうほとんどの人が車を持っているから伸び悩んでいる。そうすると自動車関係は失業が発生して悲惨だろう。」
一見すると正論で誠実だが、私にとってはおかしい。
何故なら既にほとんどの人が持っているものを売っても売れないのは当然であり、これは悲劇でも何でもないからである。
しかもほとんどの人が持っているのだから、車がなくて困っている人はほとんどいないともいえる。
(後はせいぜい車のメンテナンスぐらいだろう)
要するに売れないものを売れないといつまでも嘆いていてもバカだということだ。
しかもこの場合はもうみんな車を持っているわけだから、既にみんなハッピーなわけで問題はないではないか。
既に幸せなものに無理に付加価値を見出す必要はない別のまだ幸せではない産業を探せばいいだけの話である。

そういう意味で、もしかしたら、マルクスはみんなニートでも生きられる社会を見据えていたのかもしれない。
機械が勝手にモノを充足し、我々は最低限の管理だけでまったり暮らす。
そうなるのなら、別に無理に利潤率を追究することはないし、利潤率低下による失業を嘆く必要もない。
だって儲けなくても遊んで暮らせるのだから。

後はせいぜい分配の問題があるぐらいで、それを社会保障で補えばよい。
実際、社会保障をどうするかは既に先進国の一つの課題になっている。
また、(特に日本の場合)少子高齢化の傾向があるので、あからさまに「成長しよう!」という価値観は薄れ、
「どうすれば持続可能か」という考え方にシフトしてきている。

そういうわけで、ゆとり世代を代表して
「利潤率が低下したっていいじゃない」という暴言を提唱したい。
この言葉は我々の下の世代で流行ると思う。
失業率100%でフル・オートメーション――そんな時代を私は密かに夢想している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おもしろい!

No title

コメントありがとうございます。
久しぶりのコメントだ・・・

No title

マルクスが望んでいる未来も「搾取」のない共産主義世界である。「利潤率が非常に低いの社会になれば、ほとんどがオートメーション化しているのため、モノが既に十分にあふれているはずである」。これは、まさに働かなくても物質的豊な「共産主義社会」ではだいだろう。但し、利潤率が低下していく過程は相当悲惨だと思う。働かなくてもいいの話は、地方単位レベルじゃなくて、世界範囲での完全自動化の実現ができたらの話だろう。
プロフィール

赤目無冠(あかめむかん)

Author:赤目無冠(あかめむかん)
アニメ・漫画、将棋・麻雀、音楽(ベース、作曲、DTM)、ギャンブル(競馬・競艇)、適当英語、思想など内容は多岐に渡る。
みなみけのHPhttp://2nd.geocities.jp/tkya42/index.htmlもよろしく。
気軽にコメントしてね。
好きな将棋棋士は森内、広瀬。
邦楽はスピッツ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。